« Lachrimae ~ アコーディオン | トップページ | Les Larmes de Jacqueline »

Lacreme Napulitane

涙に絡んで、スペイン語(Lagrima)、ラテン語(Lachrimae) と続いたので、今度はイタリア(ナポリ)の Lacreme Napulitane (ナポリ移民の涙)という曲を紹介したい。 Libero Bovio 作詞 Francesco Buongiovanni 作曲による 1925年の作品。  歌詞はナポリ語で書かれており、そのままでは全く理解できないが、英訳サイトがあったので自分なりに意訳してみた。 (内容は保証できません。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ナポリ移民の涙」

愛する母上へ
もうすぐクリスマスなのに
遠く離れているのが悲しい

にぎやかに爆竹を燃やし
バグパイプの音を聞きたい
まだ小さな娘のためにベッドを作り
テーブルの上に私の皿を置いて
そしてクリスマスイブを祝いたい
あなたと一緒にすごせるならば

涙ばかりの、アメリカの地
仲間達はナポリの空を思って泣いています
このパンの味気ないこと

お母さん、お金って何だろう
故郷を偲び、泣かねばならないのでは
意味がない

今僕には少しばかりのドルがあるけれど
こんなに貧しい思いをするなんて

毎晩うちのことを夢に見ます
子供の声が聞こえます
でも、お母さんは聖母マリア様
それも胸に剣を持ち
息子に突きつけているかのよう

もらった手紙に書いてあったね
娘が、出て行った母親の名を呼んでいたのだって
どうしたものか もし子供達が望むのなら
どうか彼女に戻ってきてほしい

私はまだ帰れないのです
みんなのために、ここで働くから
家も国も名誉もない
でも生きていきます
家畜のような移民として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1900年代当初、イタリアからアメリカに渡った移民に関する資料によると、実際に相当に厳しい生活を強いられていたらしい。 ただ、作詞家自身がどのようにして移民達の境遇を知る事ができたのかは、よく分からない。 また、詞の内容については、どちらかというと自分の恨み辛み (困窮し、出稼ぎに出た挙句、嫁に逃げられた?) を母親に対して、ひたすら書き連ねている、というように読めてしまう。 これじゃあ手紙を受け取った母親はたまらんだろう、と思ったりしたが、それは余計なお世話か。

歌っているのは Roberto Murolo (1912 – 2003)。 大仰なカンツォーネとは違う、静かな唄い方で、歌詞の背景にある、生きていく切なさのようなものを醸し出していて、中々いいなと思う。

|

« Lachrimae ~ アコーディオン | トップページ | Les Larmes de Jacqueline »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56455/60997006

この記事へのトラックバック一覧です: Lacreme Napulitane:

« Lachrimae ~ アコーディオン | トップページ | Les Larmes de Jacqueline »