« あがいてみる | トップページ | メック »

偶然

たとえば、たまたま訪れた旅先で、長いこと会っていない懐かしい知人に、突然再会する、なんていう体験をしたことがあるでしょうか....今日、こんな事がありました。 

◇ 阿蘇の外輪山から西に伸びた尾根の途中に、一の峰という眺めの良い山があります。 今日は朝から快晴で、特に用事もなかったので、そこに家族で出かけることにしました。 車ですぐ近くまで行けて、徒歩で片道30分の軽いハイキングです。 この山は、以前登ったことがあるので、道は分かっているつもりだったのですが、最初、車で上がっていく道筋を間違えてしまい、登山口につくのが20分ほど遅れてしまいました。

◇ その後は順調で、雲ひとつない空の下、広い草原の中をてくてく登っていきました。 点々と、マツムシソウなど、秋の野草が可憐な花を咲かせています。 ほどよい汗をかいた頃、やがて頂上につきました。 間近に阿蘇の山、遠くに熊本の平野が見渡せる、雄大な眺め。 そよ風が気持ちいいこと。

◇ しばらく頂上で休んで、そろそろ下ろうかという頃、下から3人連れの方々が登ってきました。 せっかくなんで、家族で写真を撮ってもらおうかと思い、その中の一人の女性に声をかけて、シャッターを押してもらいました。 見たところ私と同年代、気さくな人のようで、「どちらからですか?」 と尋ねられたので、「あ、熊本市内からです」 と答える...他愛ないやりとりです。 と、その時。 横にいた、かみさんの顔に、アレ? という表情。 「えーーっと、もしかして...」 という、かみさんの問いかけに、「こーぐち...ですが」 という返事。 「あーーやっぱりーー」 なんと、2人は、20数年ぶりに再会した高校の友人同士だったのでした。 

◇ 本人たちはもとより、私もびっくりです。 「偶然のいたずら」 なんていう言葉があったかな。 ある山の頂上で、20年ぶりの知人に会う確率って、どのくらいなんでしょうね。
 それに面白いと思うのは、もし最初に車で上がってくる道を間違えずに、もっと早くついていたら、こうやって話を交わすこともなかっただろう、ということです。 20分早く行動していたら、私達が下山している途中で、先方の方々とすれ違うことはあっても、まさか、それが懐かしい友人だとは気がつかなかったことでしょう。
 また、もし私が家族で写真をとってもらおうと思わなかったら、やはり、話を交わさずに下山してしまったかも知れません。
 さらには、先方の話によると、元々は、この一の峰に登るつもりはなくて別の山に行くはずだったのが、同行する人の急な都合で、予定を変えてこちらに来たとのこと。

◇ 何だか、いろんなことが、まるで二人を再会させるために、お膳立てをするように起きているのが楽しいです。 ふだん、大した変化のない日々を淡々と過ごしていると、こういう意外な出来事というのが、とても新鮮に思えます。 かみさんだけでなくて、私にも、何かわくわくするような事が起きないもんでしょうかね...。 

マツムシソウ
Matumusisou_2

|

« あがいてみる | トップページ | メック »

コメント

今回の主人公の相方、「こーぐち」です。メールと写真ありがとうございました。早速お邪魔しています。本当に嬉しくて、舞い上がってしまい、失礼しました。私も昨日のことは、HPにアップしてます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: こーぐち | 2009.11.01 09:54

こーぐちさん、コメントどうも。 おかげさまで、楽しい山行になりました。 そちらのサイト拝見しました。 わんちゃん同伴の方は、私達もすれ違ったのを覚えてますが、そちらもお知り合いだったんですね。 奇遇が重なって本当にびっくりです。

九州の山、ずいぶん色んな所に行かれているんですね。 私は若い頃の一時期、熱心にあちこち登っていましたが、最近はすっかりごぶさたです。 また、ぼちぼちと山歩きを始めてみようかとも思うこの頃です。 かみさん共々、どうぞよろしく。

投稿: はやしだ | 2009.11.01 12:57

山歩きって、誰もが必ず経験し、ハマるものなのでしょうか?
行く回数が増えてきたら、ぜひ、我が闊歩会へもご参加下さい。
それまで、ままさんを鍛えてください!では、またお邪魔します!

投稿: こーぐち | 2009.11.01 23:30

ハマるかも。 とりあえず、素晴らしい景色の頂上まで我慢して行けるかどうかですね。 私は、昔、若かったころ甘い言葉にだまされて連れて行かれましたが...。

これからまた、新しい仲間作りを考えることもあるかと思います。 そのときは、どうぞよろしく。

投稿: はやしだ | 2009.11.02 16:16

 今朝は寒かったです。前日冷え込むという予報が出たので、鉢物を多数室内に取り込みました。
 僕も阿蘇山に登ったことがあり、初回は噴火口からの噴煙がこちら側に来て、鼻がもげそうなくさい臭いがして息もできなかったのを覚えています。
 米塚はいつか登ってみたいと考えています。シュールで好みです。外輪山や火口付近の画像を貼り付けてほしいです。あと、米塚の火口付近の画像もです。

 ついでに、地球温暖化としばしば混同されるヒートアイランド現象ですが、これは、路面の舗装やコンクリートの建物などの影響で夜になっても気温が下がらず、都市近辺の気温が上昇する現象のことなのですが、エンジン・機械・発電所その他ありとあらゆる人間活動によって発生する廃熱の総量は、太陽が送ってくる途方もない熱エネルギーよりも遥かに遥かに僅かな量で、局所的にはヒートアイランド現象に加担するかもしれませんが、地球の平均気温には何の影響も及ぼしませんので、この点について誤解ないようにお願いします。

投稿: EXOTIC GARDEN | 2009.11.03 19:02

EXOTIC GARDEN さん、コメントどうも。
火山ガス(硫化水素?)は、かなり危険みたいですね。 窪地にガスが溜まっているような場所だと下手すると窒息します。 何事もなくてよかったです。
米塚は以前登ったことがありますが、頂上からの眺めは中々の絶景です。 でも最近は登ってはいけないらしいです。 環境省だか牧野組合だかが管理していて、侵食が進んで形が変わってしまうのが困るからという理由みたいですが、何となく納得できない気がしています。

ヒートアイランが何かというのは、いちおう分かっていたつもりだったのですが、良く考えると、そのメカニズムなど知らないことも色々ありそうです。 また、ヒートアイランドが起きると何が困るのか、ということも今一つ分かっていないです。 というか、熊本は夏になれば、田舎に行ったところで、ひどく暑いことに変わりないし...。

投稿: はやしだ | 2009.11.03 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然:

« あがいてみる | トップページ | メック »