« 偶然 | トップページ | 録音機 »

メック

古ぼけたメックのリコーダー、トゥユ・モデル。
以前、公開した 「リコーダー演奏器」 の音が、どうもかすれた感じで、あまり良くないので作り直したいと思っている。 前のは、机の横にころがっていたプラスティックのリコーダーの音を録音して使ったのだが、楽器を変えると、いくらか良くなるかもしれない。
トゥユ・モデル、というのは、かつて教育用の高品質タイプとして製造されたものらしい。 一見、でこぼこのない、ルネサンスリコーダーのような形だが、音色はかなり倍音の多いびりびりした感じの音がする。 今はもう、製造されていないらしいので、貴重品かも?

Moeck

|

« 偶然 | トップページ | 録音機 »

コメント

 なつかしいなあ、よくおぼえていますよ。はやしださんがこの楽器を吹く姿が目に浮かびます。
 そうそう、グリーンスリーブスをピアノと合わせてるとき、ピアノの調律が高めでどうも合わないと言って、ためしにと、ヘ長調のこの曲を嬰ヘ長調で(つまり全部半音上げて)吹いてるのを、すげえなあ、と思って見ていたのをよくおぼえています。
 もう30年!も前のことですね。

投稿: せろふえ | 2009.11.08 08:00

うーむ、そんな事がありましたか。 ヘ長調ということは、アルトリコーダーの方ですよね。 果たして今でもできるでしょうか、ということで、ためしに半音上げ演奏、やってみました。

が...ムリです、吹けません! 最初のゆったりした所はまだ何とかなりますが、途中の早くなる所、特に高音のファに#をつけて吹こうとして、完全に固まってしまいました。 というか、高いファ#の指使いを忘れてしまっている、何てことだ。 あわててネットで調べて吹いてみたんですが、どうも上ずった音程になってしまって、まともなファ#が鳴りません。 すみません、どうやって吹くんでしたっけ。

投稿: はやしだ | 2009.11.08 22:37

 失礼しました。もちろん、当時も最初のテーマだけでした。それでも相当速いテンポだったのですが、変奏に入って、無理だ!とやめていましたね。それでもすごいものだ。僕にはできません。今でも、やろうとするところもすごい。
 上のファのシャープって、最低音の2オクターブ上の半音上ですよね?そんな音出てきましたっけ?0(半開)1346(7半)+膝と思いますが、慎重にやらないと歯を折ります。

投稿: せろふえ | 2009.11.09 06:10

やっぱり、全部吹けたわけではなかったんですね、って全然覚えてないのも、かなりボケかかってますが。

上のファ#、なるほど膝を使うのか。 この運指についても、昔使ったことがあるのかどうか思い出せません。 きっと調べたことはあるはずだと思うんですけどね。 ところで、この音を使う曲、何か知ってますか。(ブリュッヘンの編曲物とか?)

投稿: はやしだ | 2009.11.09 21:27

 リコーダーのオリジナルでは思いつかないのですが、トラベルソの曲を三度上げて吹くときはたまに出てくると思います。この曲、と思いつかないのですが、たしか、ヘンデルの1-1bの一楽章にあったと思うのですが。あとは、バッハのフルートソナタのどこか、ブリュッヘンの編曲で、バッハのヴァイオリンパルティータのどれだったかにあったような気がするのですが、すみません、調べてません。
 あと、0(半)13457でも出ると思うのですが、高すぎますね。次にgに続くなら、gを01357で吹くと高い音程から高い音程に続くので、それらしく聞こえると思うのですが、それほどでもないか、、、

投稿: せろふえ | 2009.11.11 07:19

そうか、リコーダーでトラベルソの曲も吹きたい、という人は、上のF#がきちんと出せると、レパートリーが増えるわけですね。 ブリュッヘンが演奏しているCDを、一度聴きなおしてみようかと思っています。

F#からGへの連続、試してみました。 確かにそれらしく聞こえますね。 でも古い楽器のせいか腕前のせいか、時々音がひっくり返ってしまって、結構大変。  

投稿: はやしだ | 2009.11.11 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メック:

« 偶然 | トップページ | 録音機 »