« 介護職 | トップページ | ネットメディアと首相就任会見 »

コンピュータ

今日の仕事の帰りがけ、コンピュータというものの影響って、良いことと悪いことと、どちらが多いのだろうかと、ふと考えてしまいました。 例えば、学問や科学の道具としてみれば、それを発展させる上で大きく役立っているように思えます。 ゲームなど娯楽への影響については功罪相半ばという所でしょうか。 では、ビジネスなど社会のインフラとしてはどうでしょう。 ワープロやメールなど、確かに仕事を円滑に進めるのに便利ではありますが、そもそも、仕事ってそんなに円滑に進めなきゃいけないものかどうかという疑問もあります。 さらに、インターネットによる証券取引や金融システムなど、金儲けの手段という側面が大きすぎて、とても危険な道具になっているようです。 昨今の厳しい不景気は、コンピュータを過信しすぎた結果起きた、経済的な公害のようなものかもしれない、という気がします。

もちろん、こんなのは陳腐な議論かもしれません。 自動車にせよ、果ては兵器にせよ、科学的な成果が人間を不幸にしている例はいくらでもあるわけで。 ただ、日頃、自分がソフトウェアを作るという仕事をしているもので、もしかして自分で自分の首を絞めるようなことをやっているんじゃないか、と漠然と思うことがあります。 今日も、帰宅途中の車の中で、ふと、そういう考えが浮かんだのでした。

|

« 介護職 | トップページ | ネットメディアと首相就任会見 »

コメント

これは興味深い「題」で、書いていくときりがなくなりそうです。
ネットの害悪といえばなんといってもアダルトサイトでしょう。とくに性欲の旺盛な若い世代にとっては、これに費やす料金と時間はかなりのものになってしまうでしょう。勉強とどのように妥協させていくかも悩むでしょう。
これ以外では便利になったことのほうが多いと感じます。ただいまだにネットの利用については慣れていないところがあり、アダルトサイトやらテラジェンの景観画像やら、日常生活からは遠い事柄については熱心に検索するのですが、ゴミの処理の仕方、うまい片付けの方法、地元のお店情報等等、すぐにでも役に立つようなことについてはあまり検索していないのです。あくまで自分の感触ですが。
それと、例の金融危機ですが、これにハイテクが関与しているのは事実でしょうが、これが誰のどのような責任なのかということは非常に難しいです。というかそこまでの知識がありません。債務担保証券がどうの、とか、要は危険性を低く見積もり過ぎたということでしょうか。
ただ、個人投資家にとっては、ネットで取引できるようになってから、すくなくとも資産を大きく減らしたり破産したり首を吊ったりする危険性は少なくなりました。「逆指値」や「ヘッジ売り」などを気軽に利用できるようになったというのは、ネット無き時代には思いもよらないことです。
経済的な公害というのは面白い表現で、米国のCEOには年収数億~数十億がたくさんいるらしく、破綻したリーマンブラザーズの社員の収入など途方もないものだったでしょう。粉飾決算じみた悪質なこともしていたらしく、世界中に損害を与えておきながら責任を追及されないというのはたしかに腹立たしいです。
ただ僕の考えは、金儲けが悪だという保守層に見られる考え方には賛成しません。また、「行き過ぎた市場原理主義」がもたらした→どうのこうの、といったような、どこかで聞いたことのあるような言い方ですべて説明がつくものなのかどうかも疑っています。実態はずっと複雑だと感じます。
いろいろと問題はあるにしても、両者を天秤にかけるなら、今後はやはり良い方向に向かうでしょうし、ハイテクは役に立つでしょう。自分についても、個人的に収集していたもので金儲けができるようになるなど、以前は思いもよりませんでした。

投稿: EXOTIC GARDEN | 2009.10.04 12:08

アダルトサイトなどの性的な情報が、ネット上で大きな影響力を持っているのは、あえて言うまでもないですね。 特に児童ポルノ規制など被害者保護の立場からの議論は、良く見かけます。 青少年一般への弊害についてはどうでしょう、よく分かりませんが何か総括的な調査など行われているのでしょうか。

個人投資家にとって取引の危険性が少なくなった、というのは興味深いです。 もしかして、大口の投資家たちはコンピュータを過信したのではなく、むしろ安心して儲ける手段として十分に活用し、結果的に一人勝ちのような状況を作り出した、という事になりますか...。 などと書くと、これもやっぱり安易な市場原理主義批判、になってしまうのかもしれませんが。

私自身、知識のない所で意見を出そうとすると、どうしても他人の受け売りになったり、ある種の思想を信奉してしまったり、という風になりがちですね。 ですので、なるべく人から否定的な意見を聞く、というのが大事なことだろうと思っています。 せっかくブログを書いていることでもあるので、少々未整理な考えであっても、提案してみるのも面白いかと思うこの頃です。

投稿: はやしだ | 2009.10.04 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ:

« 介護職 | トップページ | ネットメディアと首相就任会見 »