« ネットメディアと首相就任会見 | トップページ | 競争社会 »

子供が時計を拾ってきた

小学4年生の息子が、「今日いいもの拾ってきた」、といってデジタルの腕時計を持ってきました。 友達の住むマンションの近くに落ちていたんだとか。 どこかに届けるとかいう事は全く考えなかったみたいです。 どうも親として、ちゃんと教育ができていなかったようで、少々反省。 ひとまず 「人の持ち物なんだから、勝手に持ってきちゃだめだよ!」 と叱っておきました。 明日、拾った場所のマンションの管理室にでも届けておこうかと思っています。

ところで、その腕時計、見たところ何となく安っぽい。 本体は、プラスティック製のようです。 文字盤に CLAMBER というロゴが描かれているのを頼りに検索してみると、どうやら、100円ショップの商品にそういうものがあるらしい。 うーむ、100円かあ。

拾ったものを勝手に持ち帰るのは、もちろん良くないと思うのですが、もし、それが 100円硬貨だったら、何も気にせず着服してしまう人は結構いるんじゃないかと思ってしまいました。 どうでしょう。

|

« ネットメディアと首相就任会見 | トップページ | 競争社会 »

コメント

 そうですねえ。100円と言わず、たとえば自動販売機の返却ボタンを押して、6、700円ジャラジャラ出てきてももらってしまいそうです。財布を拾ったら届けそうですが、それにしても罪悪感みたいなものが薄れているように感じます。道徳心のない人間なのかもと思ってしまいます。

投稿: せろふえ | 2009.09.26 20:33

確かに自動販売機のおつり、気持ちがゆらいでしまう感覚は良くわかります。 例えば、子供がもっと賢かったとして、「どうして拾った100円玉をもらっちゃいけないの?」と訊かれたら何と答えたらいいんでしょう。 「横領罪になるから」といっても、意味が良く分からないだろうし...。 それに、もし理解できたとしても、現実には 100円ネコババして捕まるというのはまずありえないわけで、もらう場合とそのままにする場合とを比べたら、明らかにもらう方が得する事になりますよね。 もっと合理的な説明ができないものでしょうか。

投稿: はやしだ | 2009.09.26 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供が時計を拾ってきた:

« ネットメディアと首相就任会見 | トップページ | 競争社会 »