« グリーンスリーブス ~ チューバ (パステル学園) | トップページ | グリーンスリーブス ~ チャップマン・スティック »

グリーンスリーブス ~ パイプオルガン

EXOTIC GARDEN さんのコメントで、パイプオルガンの話が出たので、ちょっと気になって探してみた。 Youtube だと、大型オルガンによるもの、合唱の入ったものなど、いくつかあるが、割と気に入ったのがこれ。 場所は、アメリカ東部の、とある地方都市の教会のようだ。 画像で見る限り、普通の教会の前面に納まっている感じで、パイプオルガンとしては中くらいの大きさだろうか。 賛美歌風のおとなしい演奏だが、和声がやや独特で、聴いていて心地よい。

Pipe_organ
 画像のリンク先 (YouTube)で
 演奏を聴くことができる。

|

« グリーンスリーブス ~ チューバ (パステル学園) | トップページ | グリーンスリーブス ~ チャップマン・スティック »

コメント

 まだパイプオルガンを生で聴いたことはなく、一度でいいから聴いてみたいものです。パイプオルガンの音色そのものはあまり好みではありませんが、残響が好みです。どんな曲が合うのか知りません。動画で調べてみましょうか。
 ピアノ曲だとドビュッシーの亜麻色の~が好みです↓
http://www.youtube.com/watch?v=d85jSauqlFQ" target="_blank">http://www.youtube.com/watch?v=d85jSauqlFQ

 訂正です。振動版→振動板。像→象
 象で思い出しましたが、シロナガスクジラは190デシベルの超低周波音を発し、非常に遠くまで届くそうです。生物が発する音としては最大で、800kmくらいまで届くとか、なかには数千km先まで届くという記述もあります。周波数は約17Hzで、これほどの低周波だと距離による減衰が少なく、遠くまで届くそうです。
 190デシベルというのはロックコンサートの音量くらいで、17Hzもの低周波をこんな大音量で発するというのは凄いです。さすが地球上で最大最重量の生物です。

 巨大ウーハーの画像↓
http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/diatonesp/d-160.html" target="_blank">http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/diatonesp/d-160.html

投稿: EXOTIC GARDEN | 2009.07.07 18:21

オルガンで奏でる亜麻色の髪の乙女、なかなか良さそうです。 聴いてみたいけれども、誰か演奏した人がいないものでしょうか。

シロナガスクジラ、17Hz の声で何100km も遠くにいる仲間と会話をする、なんて、とんでもないスケールの大きさです。 ちなみに DIATONE の巨大ウーハーを最大限の出力で鳴らしたら、どのくらい遠くまで聞こえるものでしょう。 10km ぐらいだったら楽に届くような気もしますが。

(直前のコメントは、URL からリンクするように書き換えました。 あしからず。)

投稿: はやしだ | 2009.07.07 20:45

 さっきは失礼しました。アドレスの末尾が違っていたようで・・
 どれくらい遠くまで届くかというのは周波数によって異なるでしょう。遠くから聴こえる雷鳴は低いことからもわかるように、低周波音は減速しにくいのでやはり超低周波音が有利でしょうか。
 音を遠くまで届かす、というか音を大きくするにはスピーカーの前面にホーンを取り付けるといいのですが、10Hzに適したホーンだと開口部の直径が10m近くもの巨大なものになってたいへんです。最大入力は3000Wというとてつもないものですから、数百デシベルくらい出るかもしれません。
 それと、10Hzくらいの超低周波音を十分に出すためには、写真のような箱に取り付けていたのでは不十分で、頑強なコンクリート製の部屋の壁に取り付けて部屋自体を巨大なスピーカー箱として利用しなければなりません。いずれにしても、かなり大規模なものになってしまうでしょう。
 ついでに・・音を遠くまで届かすという目的だけなら、むしろ超高音を利用したほうが都合がいいです。周波数が高くなるほど指向性が強くなり、レーザー光線のように一方方向だけに進むようになります。この性質はオーディオ上都合が悪いので、高音用スピーカーはいかにして指向性を広くするかということの工夫をするのですが、あえて指向性が強くなるような形態にして一方方向だけに進むようにしておけば、距離による減衰が少なくなり、驚くほど遠くまで届くかもしれません。

投稿: EXOTIC GARDEN | 2009.07.07 21:14

 うーむ、10m もあるホーンをつけるとか、コンクリートの部屋を作るとか、実験するにしても容易ではないですね。 やはり、エネルギー効率を考えると、高音の方が良いかも。 実際、超高音というか、超音波だと何がしか通信に利用する研究もされてるみたいですね。  

投稿: はやしだ | 2009.07.07 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンスリーブス ~ パイプオルガン:

« グリーンスリーブス ~ チューバ (パステル学園) | トップページ | グリーンスリーブス ~ チャップマン・スティック »