« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

グリーンスリーブス ~ リコーダー

デイヴィッド・マンロウ のリコーダーによる、グリーンスリーブズ変奏曲。 この演奏の笛の音、飾り気のない、まっすぐに伸びる音色が大変印象的だ。 マンロウの笛を聴くと、なぜか、秋の空のような深く澄んだ青空が思い浮かぶ。 明るいのだけれど、なぜか切なくて、そして、どこか懐かしいような感覚 ... そう感じるのは私だけだろうか。

Greensleeves_to_a_ground_2

(今回は音源はありません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ 特殊ギター & ニッケルハルパ

アーチハープギターニッケルハルパ という、大変珍しい楽器によるデュオ。 アーチハープギターは、演奏者本人の発案による楽器だそうだ。 「アーチ」 は 「大きな」 という意味で、この楽器は、11弦のギターと 8弦の小型ハープをくっつけたような構造になっている。 一方、ニッケルハルパは、スウェーデンの民族楽器で、弓で弾く 4本の弦の他に 12本の共鳴弦を持つ。 また、指で弦を押さえる代わりに、37個のキーを操作し、木片を弦に押し当てることで、音程を変えるようになっている。

この動画の演奏は、単に楽器が珍しいというだけではない。 2人の奏者の見事なテクニックや、変化に富んだ旋律のアレンジなど、実に聴き応えのある上質な音楽だと思う。 ギターのアルペジオに乗せてニッケルハルパが切なく歌い、あるいは、軽やかなダンス風の旋律が互いに絡み合う ... 何だか、ずっと聴いていたいような心地よさ。

Bardou
 画像は YouTube に
 リンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ アコーディオン・デュオ

なんとも、エキゾティックというか、不思議な ノリ のアコーディオンによるグリーンスリーブス。

これは、ドイツのテレビ番組らしい。 最初に Heimatmelodie という番組名が表示されるが、あえて日本語にすれば 「ふるさとのメロディー」 というような感じかも。 演奏しているのは、オランダ出身の アコーディオン・デュオ Kermisklanten (祭りの楽士) 。 夫婦だそうで、二人の明るい笑顔が素敵。 それに何よりも、この音楽の安定感がいい。 尖ってないし、すましてもいない、ゆったりした土着の音楽...まあ、どちらかというと年寄り好みの、いわば演歌みたいなものだろうか。

Kermisklanten
 画像は YouTube に
 リンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ ジャズ・カラオケ

これはなんだろう、と思って聴いてみると、どこか聞き覚えのあるサックスの音が流れだす、そう、ポール・デスモンドの greensleeves じゃないか。 で、続けてしばらく聴いていると、今度は、サックスのアドリブに重ねて歌が入ってくる。 そうか、ヴォーカルの共演者のいるバージョンもあったのか、と思って、Youtube のコメント欄をみたら、どうもそうではないらしい。 なんと、オリジナルの演奏に自分の歌を重ねて録音した「カラオケ」なのだった。 実に上手いこと演奏に溶け込んでいて、中々面白い。 少々ごつごつした歌声で、注意して聞くと、微妙に違和感もあるのだが、それより何より、こういうことをやって遊ぼうという、その精神に感心してしまった。

Jazz_karaoke
 画像は YouTube に
 リンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ アメリカのTVドラマ

アメリカの古いテレビドラマ 「ライフルマン(1958-1963)」 より 最終回 「Old Tony」 の1シーン。 主役の Johnny Crawford が歌う Greensleeves。 この歌声をどう表現したらいいのだろう。 当時16才ぐらいのはずだが、なんとなく女性のような柔らかい甘い声。 気持ちを込めてそっと話しかけるような優しい歌声。 時々軽く「こぶし」が入るのもいい感じ。 上手いなあ。

Rifleman
 画像は YouTube に
 リンク。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

グリーンスリーブス ~ チャップマン・スティック

チャップマン・スティック という楽器があるのを、これまで全く知らなかった。 エレキギターを 「指板だけ」 にして端にピックアップをつけたようなものが普通の形で、弦を弾くのではなく、弦に指を叩きつけて演奏するそうだ。 なお、この動画で使われている楽器には共鳴胴がついていて、見た目は大型のギターという感じ。 アコースティック・チャップマン・スティック、というらしい。

動画を見て正直驚いた。 いや~見事なテクニック。 実に情熱的なグリーンスリーブス、ちょっとスペイン風。 聞きほれてしまった。 波が打ち寄せる背景の映像は、さすがにどうかとも思うが...。

Chapman_stick
 画像は YouTube に
 リンク。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ パイプオルガン

EXOTIC GARDEN さんのコメントで、パイプオルガンの話が出たので、ちょっと気になって探してみた。 Youtube だと、大型オルガンによるもの、合唱の入ったものなど、いくつかあるが、割と気に入ったのがこれ。 場所は、アメリカ東部の、とある地方都市の教会のようだ。 画像で見る限り、普通の教会の前面に納まっている感じで、パイプオルガンとしては中くらいの大きさだろうか。 賛美歌風のおとなしい演奏だが、和声がやや独特で、聴いていて心地よい。

Pipe_organ
 画像のリンク先 (YouTube)で
 演奏を聴くことができる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ チューバ (パステル学園)

この人は....何?
わからないまま、ひとまず聴いてみた。
う~む、地味だ。 鈍重だ。 なにしろチューバのソロである。
でも...なんか良い。

Tuba_noteチューバの音は、重たいけれども優しい音。 そして曲後半のオクターブ下げた演奏、なんて低い音だろう。 曲の中で聞こえる最も低い音は、ヘ音記号の楽譜の下にさらに5本線を引いた下の 「ド」 の音だ。
静かに響く地鳴りのようなグリーンスリーブス、一度、生で聴いてみたいと思う。

Pastel_tuba
 画像のリンク先 (YouTube)で
 演奏を聴くことができる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

グリーンスリーブス ~ ホルストのセントポール組曲

ホルスト( Gustav Holst ) 作曲の「セントポール組曲」 に Greensleeves の旋律が使われているというのを せろふえ さんから教えてもらった。 ありがとうございます。 4楽章 Finale で、ヴァイオリンが軽快なリズムのダンスの旋律を奏でる中、チェロが悠然とグリーンブスを歌いだす。 それぞれの旋律が絡み合い、やがてお祭り騒ぎに...。 響きの中に漂うのは、イングランドの田舎の香りだろうか。(行ったことないので勝手な想像だけど。)

下のリンクは、ホグウッド指揮セントポール室内管弦楽団の演奏。 ちなみに、曲名のセントポールは、ホルストが勤めていたロンドンの女学校の名前で、オーケストラの方は、アメリカの都市名。 直接の関係はなさそうだ。

Holst
 画像は YouTube にリンク

なお、曲中で絶え間なく流れているダンスの旋律は、ダーガソン ( Dargason ) という古い舞曲だそうで、実際にお祭りで踊っている動画をみつけた。 こちらも紹介しておこう。

Dargason_2
 画像は YouTube にリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »