« サマセット・モーム 「昔も今も」 ~ マキアヴェッリ | トップページ | マキアヴェッリ語録 ~ 君主論 »

マキアヴェッリ ~ NHK ミサイル報道

マキアヴェッリの思想は、それを受け取る人次第で、違った解釈ができてしまうのが困った所だ。 例えば...

1. 自分の欲望を満たすためには、どんな卑劣な手段を使ってでも、それを成功させるべきだ。 下手に格好をつけて負けてしまったのでは意味がない。

2. 思い込みで判断してはいけない。 現実を良く見極めて、より多くの人が利益を得られるような手段を工夫すべきだ。 

マキアヴェッリ自身は、2 のような考えであったらしい。 できる事なら、みんなが、そのような考えをもって欲しいものだが、現実には 1 のような考えの連中が、それも権力のある人々の中に、随分いるようだ。

...などということを通勤中に考えながら車を走らせていたら、ラジオでNHKのニュースが始まった。 最近どうにも気になってしょうがないのが、NHK のミサイル報道である。 北朝鮮がロケットを打ち上げようとしている。 でも、なぜか、アナウンサーは、それを 「ミサイル打ち上げ」 と言う。 ミサイルと言うのは兵器に対して使う言葉だ。 だから当然、それが兵器である根拠が必要なのだが、実は、新聞を見てもネットを探しても、どこにもその根拠がないのである。 もちろん、状況からしてミサイル目的である可能性が高いのはわかる。 しかし、明確な根拠がないのにも関わらず、「人工衛星用ロケット」に対して、断定的に「ミサイル」と言い切ってしまうのは、とても不自然だ。 さらに驚くことには、そのニュースの途中で解説者の話があって 「現時点では、それが人工衛星目的なのかミサイル実験なのか区別することができない」 と言っている。 NHK自身が、ミサイルかどうか分からないと認めておきながら、それでも、アナウンサーはしつこく、ミサイルという表現を使い続けているのだ。 なんじゃこりゃあ~。

もしかして、「迎撃」 を正当化するためには、あえてミサイルと見なす必要がある、ということだろうか。 でも、ニュースの説明では、飛行物体が国内に落ちてくるとしたら、それは制御に失敗し、軌道からそれてしまう場合であって、落下する事が確認できる時にのみ 「迎撃」 を行う、と言っている。 つまり、人工衛星が間違って落ちてきた場合も、空中で破壊することには十分な正当性があることになる。 それをあえて、ミサイルと見なすべき理由はない。 NHKは、ミサイルを連呼して不安を煽るのではなく、解説者の話をふまえて、どのような可能性があるのか、もっと丁寧に説明すべきだ。  

あるいは、何かそれなりの理由があって、あえて物騒な言葉を使っているのかも知れないが ... だとすると、その理由が分からないだけに、むしろ北朝鮮のミサイルよりも、NHKの方が、よほど怖い気がする。 北朝鮮の指導者は 「たちが悪い方の」 マキアヴェリストかも知れないが、それと同じくらい怪しい力が、マスコミの背後にあるというのは思い過ごしだろうか。

( 本当は、もっと別の話題に、つなげるつもりだったのだが... )
------------------------------------------------------------
(注) 上記記事は、2009年3月30日 に書いた。 4月3日のニュースでは、ミサイルという言葉は、ほとんど使われず、「大陸間弾道ミサイルと同等の構造を持つ飛翔体」 という表現が1回だけ使われている。 

|

« サマセット・モーム 「昔も今も」 ~ マキアヴェッリ | トップページ | マキアヴェッリ語録 ~ 君主論 »

コメント

やはり、報道はニュートラルにしてもらいたい状況だ。

北朝鮮に味方するつもりは全く無いが、「ミサイル」報道も放送局の「色付け」と言う状態だ。

最近、「政界報道」でも「民主党、小沢氏報道」ばかり放送しているが、本当は、自民党の方が「巨額(100億円レベル)」で、問題の議員数も圧倒的に多いのである。

しかし報道状況は?と言えば、「小沢氏報道」ばかりである。

自民党、選対などが、民主党が不利になるように「メディア工作」している状況が続いている。

政権交替が必要な時期に来ている。

トラックバックありがとうございます。

投稿: 報道はニュートラルに!(torl_001) | 2009.03.31 02:27

コメントありがとうございます。 めったに社会的な問題を記事にすることはないのですが、つい我慢できなくなって書いてしまいました。 同じような疑問を持つ方がいて心強いですが、残念ながら、あまり世論にはなりそうにないですね。 せめて悪しき前例にならない事を願うのみです。

投稿: はやしだ | 2009.03.31 03:16

トラックバツクありがとうございます。同様な問題意識を発信しておられて嬉しく心強いです。

投稿: 森田敬一郎 | 2009.03.31 15:05

森田さんのブログは、社会的な問題を、とても分かりやすい言葉で批評されている所に好感を持っています。 これからも引続き、拝見させて頂きたいと思っています。

投稿: はやしだ | 2009.03.31 20:59

はやしださんの記事も、小沢関連報道も、まったく同感です。
 まったく最近(じゃないか、むかしからかも)のNHKの報道には首をかしげたくなります。報道番組以外はなかなか良いし、報道も良いところはあるのですがね。
 

投稿: せろふえ | 2009.04.01 06:35

 書き忘れました。ついでに、関係ないけれど、高速道路の値下げ。なぜ値下げ分は税金だ、と報道しないのでしょう。まったく偏向しています。

投稿: せろふえ | 2009.04.01 06:36

明らかに偏った内容を白々しく報道している様子が、あたかも北朝鮮のニュース画像とダブって見えてしまい、悲しくなります。 NHK は「国営放送」だという認識をみんなが持って、他の手段(新聞やネット等)で批判していくしかないのかな、とは思いますが、それでも、大きな流れには逆らえないのかもしれません。 折りしも戦前の大恐慌に匹敵する経済状況ですし、本当に怖いものを感じています。

投稿: はやしだ | 2009.04.01 07:04

 ミサイルと人工衛星は構造的にはそっくりなものなのだそうです。
 
 NHKへの不満

 震度3以下でいちいちニュース速報を表示する必要は何なのか?
 一年中、毎日毎日朝から晩まで、「地域」「地域」「地域」「地域」「地域」「地域」「地域」「地域」「地域」と、さながら地域連呼教のごとく唱えて視聴者を思考停止に陥れようとするのは、どういう魂胆なのか? それと、つまらない地域の話題を取り上げたものが多過ぎる。過疎化対策としても意味がなかろう。

 NHKだけではないが、「世界が注目する~」「世界的に有名な~」「世界が認めた~」といった、広告用語のような、定義のはっきりしない紹介の仕方をするのはいいかげん考え直すべきではないか? 世界とはどこのことか? 米国? 欧州諸国? 本当に前回の大多数の国々が注目しているのか? 野球のWBCで世界一になったと報道していたが、米国ですら関心は低いらしく、中国など、野球を知っている人は百人にひとりいるかどうかくらいなのだそうだ。欧州諸国も野球には関心はないらしい。

投稿: EXOTIC GARDEN | 2009.04.05 11:04

EXOTIC GARDEN さん、コメントどうも。
まったく何が楽しくて地域の瑣末な話題をニュースにしているのでしょうね。 別に地域の話を放送しないからといって、受信料が取れなくなるほどの苦情がくるわけでもないでしょうし。

前の記事の絡みで、マキアヴェッリの現実主義について書いてますが、その点では NHK というのは、現実主義的な立場から随分遠い所にあるように思えます。 ただし、役員や背後の政治家がどういう思惑なのかは分かりませんが。

投稿: はやしだ | 2009.04.05 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マキアヴェッリ ~ NHK ミサイル報道:

» NHK [psp カスタムテーマ ダウンロード ガンダム]
そして!! 「一方的過ぎ」野党各党NHK批判 小沢氏秘書供述報道美人すぎると噂になっている…NHKの女子アナ・小正裕佳子に注目 マキアヴェッリ 〜 NHKミサイル報道 [続きを読む]

受信: 2009.03.31 02:10

» 「『ミサイル』の鮮明な画像」=NHK昼ニュースの原稿、字幕は煽りだ= [評論家・森田敬一郎の発言]
NHKの昼のニュースのトップは「米シンクタンクが、北朝鮮が発射を準備しているミサ [続きを読む]

受信: 2009.03.31 15:09

» NHK 採用 [★youtube最新動画ニュース]
【ポイント2倍】楽天ランキング入賞♪日経MJで紹介されました!NHKの『あったか特集』以来リピータ率当店No.1!ポカポカソックス あったか靴下【ポイント2倍対象期間】2009年3月30日10:002009年4月3日9:59商品価格:2,100円レビュー平均:4.57NHKスペシャル 「沸騰都市のそれから」NHK総合テレビで放送される、NHKスペシャル 沸騰都市 は毎回欠かさず見ていた。 第1回 ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー 第2回 ロンドン 世...(続きを読む) 「美人す... [続きを読む]

受信: 2009.03.31 15:23

« サマセット・モーム 「昔も今も」 ~ マキアヴェッリ | トップページ | マキアヴェッリ語録 ~ 君主論 »