« 境港に行ってきた (2) | トップページ | シロツメクサ (白詰草) »

難しい漢字

ゲゲゲの鬼太郎の最近のアニメに「魑魅魍魎」という一群の妖怪が登場する話がある。 うちの子供が、これを見たせいだと思うが、なにか難しい漢字を知ってるか、と言って来た。 ちょっと面白いと思ったので、いくつか難しい漢字の言葉を辞書で調べて、筆ペンで紙に書かせてみた。 

まずは、アニメに出てきた 魑魅魍魎 を一字ずつ丁寧に書いてみる。 子供は妖怪が好きなだけあって、こういう怪しい雰囲気の字を書く遊びが少し気に入ったようだ。 次に思いついたのは、難しい字の定番 顰蹙 。 一応意味も説明したが、彼が理解できたかどうかははっきりしない。 でも奇妙な字の形に、妙に感心した様子。 もう一つ定番 鬱陶しい 。 鬱の画数を数えて29画もあるというのが面白かったようで、「もし宿題の漢字の練習で、こんな字を何回も書かんといかんことになったら、ものすごく大変だけんね。」  まったくだ。 あとは、饂飩 とか 蕎麦 も難しい。  なんてのも、中々書けない字だなあ...。

|

« 境港に行ってきた (2) | トップページ | シロツメクサ (白詰草) »

コメント

あけましておめでとうございます。
 魑魅魍魎、中学生の頃、NHKの人形劇の「南総里見八犬伝」がクラスの中で大流行(おおはやり)。その中で跋扈(ばっこ、これも難しい)する「ちみもうりょう」書けるか?と言い合って学習しました。今書けと言われると自信がない。
 他の字はどれも書けませんねえ。薔薇すら書けない。齋藤の齋は得意です。(職業柄?(笑))

投稿: せろふえ | 2009.01.02 08:12

なるほど八犬伝も妖怪が活躍する話ですね。
「跳梁跋扈」なんて書けないけど、
情景を「髣髴」させるいい言葉です。
そうういえば「薔薇」も定番でした。
今年も、どうぞよろしく。

投稿: はやしだ | 2009.01.02 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難しい漢字:

« 境港に行ってきた (2) | トップページ | シロツメクサ (白詰草) »