« パタパタのパターン | トップページ | キンモクセイ »

これ何でしょう(続き)

2直径2.5mm。
マッチ棒の頭ではない。
銀色の光沢が特徴的だ。
子供の教材(Benesse)の
付録の顕微鏡を、直接
デジカメで、のぞいて
撮影した。

Photo

|

« パタパタのパターン | トップページ | キンモクセイ »

コメント

ということは、仁丹でしょうか?たしかに金属光沢が特徴的ですが。

投稿: せろふえ | 2008.10.25 22:41

はい、その通り。 うちの親が愛好者で、もらったのを写真に撮りました。 最近では見かけなくなって、若い人は知らないらしいです。

投稿: はやしだ | 2008.10.25 23:18

 なるほど。
 仁丹には思い出があります。本物の銀だ、と聞いて、大阪の仁丹の本社に電話して聞きました。「はい、銀です。10ミクロン(今ではマイクロメートル)あります。」と担当のおじいさんが教えてくれました。「銀には特別に薬効はないですよねえ?」と聞いたのですが、ちゃんと答えてはもらえず、「金の仁丹もあるんですよ」と言っていました。金属は電気を通す、ということで、豆電球を光らせる実験をしました。

投稿: せろふえ | 2008.10.26 14:21

直接電話したんですか。 それはすごい。
本物の銀だというのは、最近ネットで知りました。 でも、なぜ銀を使うようになったのか、納得できるような理由が書かれているサイトは見つかりませんでした。 銀には抗菌作用などあるらしいですが、確かに薬効ではないですね。

親は「口臭防止になるから」と小瓶に入れてくれたのですが、いまどき職場で仁丹など噛んでいたら、かえって怪しまれそうです。 

投稿: はやしだ | 2008.10.26 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これ何でしょう(続き):

« パタパタのパターン | トップページ | キンモクセイ »