« これ何でしょう(続き) | トップページ | アサガオの液胞 »

キンモクセイ

金木犀。 犀は動物のサイの意味だとか。

中国原産で雌雄異株だが、日本にあるのは、ほとんどが雄株。
つまり男だけがクローン繁殖している。 う~む...。

1990年代前半まで、トイレの芳香剤の香りとして使われていた。
つまり、今30代以上の人にとっては、金木犀の香り=トイレの香り
という刷り込みがされている。

いや、そんな事はどうでもよい。 鈴なりに咲き誇っている様は、
とても美しいし、個々の花の形もまた、中々に興味深い。

Photo


|

« これ何でしょう(続き) | トップページ | アサガオの液胞 »

コメント

金木犀は全国共通の草木ですね。
東京でも香ってくると秋を感じます。

私が他に秋を感じるもの・・
プロ野球日本シリーズ
 ファンの中日は昨日で終わりました(。。;)
杉並フィルの定期演奏会:11月24日
 ベートーベンチクルス=1・5番、エグモント

投稿: 泉健介 | 2008.10.26 16:28

泉さん、コメントどうも。
オケの仕上がりは順調でしょうか。
ベートーベンチクルス、濃密な音楽が並んでいます。 なるほど。 これも秋ですね。

投稿: はやしだ | 2008.10.26 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

« これ何でしょう(続き) | トップページ | アサガオの液胞 »