水前寺駅から竜田口駅まで歩く

歩行リハビリの続きで、水前寺駅から竜田口駅まで、線路沿いの道を歩く。

このところ、感情面が不安定で困るが、とにかく歩いていると無心になれるのが良い。 うちに帰ってしばらくしたら、気のせいか気持ちがすっきりした。

20190419_

| | コメント (0)

南熊本駅から線路沿いを歩く

昔ながらのモルタル駅舎の南熊本駅から水前寺駅まで、線路沿いの道を歩く。

天気が良くて暖かいのは良いが、今一つ体調がすぐれず、ひどく疲れてしまった。 昨晩、遅くまで山口氏と話していたせいか、それとも今日から飲み始めた副鼻腔炎の薬のせいか。 明日は薬の種類を減らしてみよう。

20190416_

 

| | コメント (0)

南熊本駅周辺を歩く

前回の金峰山登頂で一区切りついたので、また違う方向へ歩いて行くことにする。 今日は、曇り空の中、かみさん付き添いのもと、のんびりと南熊本駅周辺を歩く。

目についた光景:

 大きな屋敷の苔むした庭。

 小雨が降ってきたので、ダイソーで買った 200円のビニール傘。

 公園にいた二人の警官。
 談笑しながら歩いてきてミニパトカーに乗って走り去る。

 公園でサッカーボールを蹴り合っていた、幼稚園くらいの男の子と父親。

 踏切を通りすぎた赤い電車。

 マクドナルドのでかいカップに入ったコーヒー。
 やたらうるさく走り回る子供たち。

 それを眺めて、うるさくてかなわんといいながら、でもこの位うるさい方が、
 妙に健康のことなどを心配している年寄りには、かえって気が紛れて
 いいんじゃないかと、これまた年寄くさい話をしている客二人。

 閑散とした本屋。

昼が過ぎ、空腹になって、少し頭がぼうっとしてきた。やはり、低血圧のせいだろうか。 うちに帰って、かみさんが、あんかけ豆腐を作ってくれた。おいしくいただく。

| | コメント (0)

金峰山の中腹から山頂へ

心筋梗塞後、初の山岳登頂達成。めでたい。

今日は前回の続きで、山頂より 100m 程低い所に車を置いて、そこから往復した。とても山登りと言えるようなものではないが、今の自分の体力だと、この位の負荷が丁度よい。

有明海の向こうに浮かぶ雲仙が美しい。

20190412_

| | コメント (0)

金峰山の登山道を歩く

大将陣から金峰山の頂上までは、歩いて登る直登ルートもあるが、今の体力では無理なので車道を歩いて中腹まで往復する。

今日は山が雲に覆われて、木立の中を抜けて行く林道は薄暗い。上を見上げると、木々の間に白い空が見える。

霧の漂う空気がひんやりして心地よい。

  20190410_

| | コメント (0)

大将陣周辺

4月9日。 堤停留所から金峰山登山口の大将陣を通って、山頂に続く車道を少し登った所まで往復。

麓の梨園の花が満開。

20190409_

| | コメント (0)

峠の茶屋周辺

4月7日、歩行リハビリの続き。 鎌研坂を上がり切った所まで車で行って、そこから峠の茶屋の少し先、堤という乗合タクシーの停留所の所まで歩いて往復する。

この所、低血圧による頭重感が続いているのが気になるが、歩き出すと血流が良くなって気分が良くなる。無理しなければ大丈夫だろう。

新緑がきれいだ。

20190407_ 

  

| | コメント (0)

歩行リハビリ

心筋梗塞の再発防止には適切な運動が何より重要、というので、退院以来、日々歩行リハビリをやっている。要するに散歩だ。

・自宅周辺
・自宅~泰平橋付近
・泰平橋付近~熊本駅
・北岡神社周辺
・北岡自然公園周辺
・横手~北岡自然公園
・横手~石神神社
・石神神社~石神公園
・石神公園~岳林寺
・岳林寺~島崎貯水池
・島崎貯水池~鎌研坂
・水前寺駅~水前寺公園

徐々に長距離歩けるようになってきた気がする。でも、調子に乗って歩きすぎると、そのあと重い疲労感に見舞われることがある。少しずつ慣らして行くことが必要かも。

| | コメント (0)

メンタルなリハビリ

心筋梗塞の後は、心筋の一部が壊死する。壊死した心筋細胞は残念ながら再生しない。(*1)

私の心臓は、冠動脈3本のうち1本の根元が詰まっていたらしいので、心筋の3割近くが、もはや動かなくなっている可能性がある。

厳しい。退院後、しばらくの間は、この事実を受け止めきれずに、とても憂鬱な気持ちになっていた。

しかしながら、最近になって、いくらか気持ちが楽になってきたような気がする。これは、いわば「障害者としてのアイデンティティ」のようなものが芽生えてきたからではないかと感じている。心臓の弱い自分が、普通の自分だ、という感覚である。

自分は心臓が弱い人である、と認識し、そういった自分に合った生活をすれば良い、と考えるだけで気持ちが楽になるというは不思議なものだ。

客観的には、体力不足によりできなくなったことが沢山あると思うし、経済的な不安もある。それでも、今の状況を初期条件として、素直に捉え直すことができれば、少しずつ前に進むことができる。良い意味で、自分を騙すことが大事なのだろう。

*1 
再生医療の最先端では、Muse細胞という特殊な細胞を骨髄から抽出し、心臓付近に送り込んで、心筋に分化させる臨床試験が行われているらしい。これが本当に効果があるとしたら、心筋梗塞でダメージを抱えている人達にとって、極めて画期的なことだ。個人的には、是非とも実用化してほしい。(人間という種にとって、心臓を再生できることが本当に良い事なのかどうかは分からないけれども。)

| | コメント (0)

心筋梗塞

2019年の3月9日に、心筋梗塞を起こした。やがて1ヶ月になる。
だいぶ体調も落ち着き、いくらか気持ちにゆとりができたので、経過を記録しておこうと思う。
 
当日
・自宅で突然苦しくなって救急搬送。(意識あり) 
左冠動脈の前下行枝の根元あたりが詰まっていたらしい。 
・CPK(CK) 測定値 5000 くらい。(放っておくと極めて危険なレベル) 
・カテーテル手術にて、ステント留置。
 
今日まで
・入院 11日間(検査・経過観察)
・自宅療養 16日目。 
 
治療 
・毎日服薬 8 種
・週2~3回 通院リハビリ
・半年後にエコー検査予定
・9か月後にカテーテル検査予定 
 
今後の生活
・休職中(復職時期未定)
・毎日軽い運動(ウォーキング)
・食事制限(低カロリー、減塩)
 
今の体調
・血圧 max 90 程度(薬のせいか)
・30分程度の散歩だと大丈夫。
・早く歩くと、動悸、息切れ、疲労感がやってくる。
・低血圧のせいか、運動やデスクワークを長くやりすぎると気分悪くなる。
・昨日、温泉センターに行って露天風呂から上がった後、立ち眩みしそうに
 なった。 その後しばらく気分悪くなる。無理は禁物だ。
・気分が悪くなると、同時に鬱々とした気持ちに落ち込むのが厄介。
 しっかり眠ると回復する。
 
色々思う所はあるが、書ききれないので、これからぼちぼち書いていくつもり。

| | コメント (0)

«Mischa Maisky & Weinberger Chamber Orchestra